激安遮光断熱裏地ライナーを試す

暮らし
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

部屋のカーテンを2年前に遮光1級のものに買い替えました。

その後、遮光性をもう少しなんとかしたいと100均の商品を使って簡易的な遮光・断熱対策を試して2年経ちます。

カーテンを開け閉めしいていると、どうしてもアルミシートがクリップから外れてしまい、気が付いたら治すのを繰り返していましたが、クリップで挟んでいる部分が破れてきたのと、面倒なので今度は激安品を試してみることにしました。

カーテンクロフの裏地ライナー

購入したのは、楽天市場で裏地ライナーを検索すると激安で販売されているカーテンクロフの商品です。

市販のビニール素材のものが好きじゃないので、ほぼ同じような値段で買えるこちらを選びました。

サイズはカーテンのサイズに合わせて210×173、色も選べるのでグレーを選んでみました。

カーテンクロフ 遮光断熱裏地ライナー

大きいサイズは1枚売りなので、2つ購入。送料がかかってしまうけど、2つで3,040円(税・送料込)でした。ポイントを使って2,000円で購入したので、1枚1,000円。

レビュー

取り付けの写真を撮り忘れました。
太いカーテンフックだと裏地ライナーを通すのが難しいので、購入前に確認が必要だなと思いました。
家の場合、説明書の取り付け方法だとフックのU字の下部分が太く通らないので、一旦レールにかけるフックを外して反対側から通してフックを付け直すというやり方で通しました。

カーテンなしの裏地だけだと、とても薄いです。

カーテンクロフ 遮光断熱裏地ライナー 薄い

写真は日中、日の当たる時間にカーテンだけをめくって、裏地ライナーだけにしたらどのくらいかを確認した写真です。薄いので遮光性は全くないなと言う印象です。

カーテンクロフ 遮光断熱裏地ライナー 人影がわかる

手を当ててみれば、影がよく見えるくらいの薄さです。期待していたより薄い生地だったなと思いました。

とはいえ、裏地ライナーなので単品で使うわけじゃないので、実際カーテンとの組み合わせだと、生地1枚分の遮光性は上がってるのかなと思いました。それでも真っ暗にはなりません。

カーテンクロフ 遮光断熱裏地ライナー 遮光性

右下が裏地ライナーなしのカーテンだけの状態、左側が裏地ライナーとの組み合わせの状態です。生地1枚分は確実に暗くなります。

カーテンクロフ 遮光断熱裏地ライナー 十分寝れる

もともと遮光1級カーテンですが、今回購入した裏地ライナー取り付けで1段階暗くなったので、コスパは悪くないように思いました。

裏地ライナーの生地が薄いのは軽いというのがメリットです。カーテンの開閉がカーテンだけの状態とほぼ変わらないくらい軽いです。

断熱性は夏だとよくわからないかなと言う感じです。結局カーテンが日で温まるので、手を近づけるとちょっとモワッとしてるなと言う感じ。

遮光・断熱どちらもですが、レースカーテンを取り付けられないシングルレールの部屋には、この裏地ライナー、コスパは良いんじゃないかなと思いました。カーテン自体の日焼け対策としても良い気がします。

真っ暗で断熱性をさらに求めるならカーテン自体をコーティング付き裏地のものに変えたりするのが確実なので、今あるカーテンを有効活用しながら遮光・断熱も少し良くなると良いなくらいだったら買いの商品かなと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました