コンクリート金型・型枠(セメントレンガ金型)でブロック作り

暮らし
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

最近裏庭を少し歩きやすくしようと思って、犬走り付近に道を作る作業をしています。
基本的に砂利道にする予定ですが、石が飛び散らないようにレンガで押さえる形にしようと思っていました。

必要なレンガの数を計算してみると、結構な量が必要なことがわかり1個は安くてもまとまって買うと結構いいお値段。

何か良い商品ないかなと思って検索をしていたら、使えそうなものがあったので、購入してみました。

コンクリート金型

商品名は売っているサイトによってバラバラなのですが、商品はたぶん同じもの。

コンクリート金型(セメントレンガ金型)  Mold4

本来の使い方は遊歩道などのパターン化された道を作るものらしいです。ペイビングって言うらしい?

Amazonにも売っていますが、到着まで時間がかかりそうだったので(おそらく中国から発送)、楽天市場で購入しました。

2,480円で買いました。クーポンやポイントを使ったので、実際はもっと安く買えました。

商品と一緒に入っていた紙を見ると、結構いろんなパターンがあるようです。

コンクリート金型(セメントレンガ金型)  種類

ちなみに型枠のサイズは40 * 40 * 4 cmです。
実際に出来上がるサイズは枠の分小さくなります。

ブロック1個ずつは19.3 * 9.2 * 4 cmくらいで出来上がります。
一般的な赤色のレンガは21 * 10 * 6 cmなので、レンガの代わりに使うというのは難しいと思います。

今回は砂利止めとしての用途なので、サイズにこだわりはないのでOKです。

使い方

特に難しくなく、コンクリートやモルタルを入れる、表面を綺麗に整える、少し待ってから型枠を引き抜く。という作業を繰り返す感じです。

一応気を付けるとすれば、商品に裏表があることです。表(上)になる方が少し内側に出っ張りがあって、見た目が綺麗に仕上がるようになっています。

コンクリート金型(セメントレンガ金型)  使用例

今回は砂利道の脇にブロックとして並べたいだけなので、適当に作っています。(乾いたら1個ずつ使います)

本来の使い方のように、パターン化されている道を作るなら横にきれいに並べていかないといけません。

思った以上にコンクリートやモルタルが必要になるので、DIYできれいな道を作ろうと思ったら結構な作業時間になると思います。

レンガを1個1個並べるよりは簡単ですが、型枠を使って道を作るとすれば、型枠は2個以上あっても良いかなと思いました。

いろんな形があるので、庭のデザインにあったものを選ぶのもよさそうです。

コメント

  1. yamane より:

    うわー制作する手間より、コンクリートの準備とかのが大変そうですね・・・
    レンガを敷き詰める家は割と見ますけど、大抵、素人施工で波打ってる上、隙間から雑草出放題だったりしてアレですが(苦笑)
    やっぱり基礎打ちしてキチンとコンクリ施工せんと駄目ですな、アレは。

    • ねっす~ねっす~ より:

      こんにちは。
      今回は砂利止め用のブロックを作りたかっただけなので適当です。
      レンガ敷きは工程も多くて大変ですよね。基礎というよりカラモルを敷く前までをきっちりやらないとダメなので。
      砕石を撒いた時に平らに固めていかないといけないので。
      レンガ敷きもインターロッキングもDIYでやるにはちょっとしんどいです。

タイトルとURLをコピーしました