傘ホルダーをスノーブラシホルダーとして使う

シェアする

雪国なので冬はスノーブラシを積んでいます。いつもは後部座席の足元に倒して置いていますが、この間購入した傘ホルダーのC型リング部分をスノーブラシホルダーとして使うことにします。

スイフトには雨の日も晴れの日も関係なく傘を積んでいます。 なんとなく傘ホルダー付けてみようかな?と思ってつけてみました。 ナポレックス ...
スポンサーリンク
広告(大)

スノーブラシホルダー

スノーブラシホルダーと言うと、槌屋ヤックの商品を一番カー用品店で見かけます。
スノーブラシコーナーに一緒に大体置いてある気がする。

けど結構いい値段がするので、スノーブラシホルダーを買うお金でホームセンターで売ってる安いスノーブラシなら一本買えるくらいです。

この間購入した傘ホルダーにはC型リング部分があり、同じような形なのでスノーブラシホルダーに使えるなと傘ホルダーを買う時に思って選びました。

スノーブラシの太さを考えずに買ったので大丈夫か少し心配でしたが、傘とそんな太さ変わらないし問題ありませんでした。

槌屋ヤックのものと比較すると良い点は傘と一緒に使えることです。
微妙な点は素材が柔らかいので、垂れ下がる形になることですね。
槌屋ヤックの物のほうが長さが短いのと少し分厚い?ので、カッチリした感じで付けたいなら槌屋ヤックを選ぶ方が良いなと思いました。ただし、短い分スクレーパー付きのスノーブラシだとヘッドレストに接触することもあるだろうからその辺は好みですね。

ナポレックスもスノーブラシホルダーがあるみたいだけど、傘ホルダーとの違いがわかりませんでした(笑)

スイフトの後部座席は狭いので、人をよく乗せる人には使えない商品ですね。

スポンサーリンク
広告(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)