スイフトRSのエンジンプラグを交換

ZC72S
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

スイフトがそろそろ10万kmなのと、車検が近いのでエンジンプラグの交換をしました。

DENSO イリジウムタフ VXU20

DENSO VXU20

シビックに乗っていたころはNGKに何となくこだわってつけてた記憶があるんですが、DENSOのイリジウムタフにすることにしました。

アイドリングストップ無しなのでVXU20です。

注文したらゆうパケットで届いてちょっとびっくりした(笑)

交換作業

スイフトRSはエンジンの上にエアクリーナーボックスとダクトが乗っかっているので、ネジとクリップを外してエアクリーナーボックスを外してからになります。

スイフトRS エンジンプラグ交換 エアクリーナーボックス取り外し

上の画像の赤矢印ボルト(10mm)2本と緑矢印のプラスチッククリップ1個、エアクリのところのパチンってするクリップ2か所を外す。

スイフトRS エンジンプラグ交換 エアクリーナーボックス取り外し後

エアクリを右にゴロンとすれば作業ができるようになりますが、邪魔ならオレンジ矢印の部分(下の画像参照)を外せば取り外せます。
エアクリのダクト部分は上に持ち上げて、ずらせばすぐ取れます。

スイフトRS エンジンプラグ交換 エアクリーナーボックス配線クリップ

オレンジ矢印のところの拡大写真です。ぎゅっと押してやれば外れます。まぁそのまま作業しても大丈夫です。

スイフトRS エンジンプラグ交換 配線クリップ取り外し

エンジンプラグを外す前に、上の画像のオレンジ丸の部分から配線を外しておくと作業がしやすいです。写真に写って無かったんですが、オレンジ矢印のクリップも外しておくとさらに作業が楽です。

スイフトRS エンジンプラグ交換 プラグ外し

ダイレクトイグニッションコイルのボルト(10mm)を外して、抜きます。一番右だけカプラーを外さないと抜けないです。残り3本はそのままでも抜けます。

安いプラグレンチを使うとプラグが落ちるので、自分はTONEのプラグソケットを使っています。マグネット付きが作業しやすいと思います。

スイフトRS エンジンプラグ交換 取り外したエンジンプラグ

取り外したプラグ。焼け方にちょっとバラつきがあるような気もするけど、まぁこんなもんなんじゃないでしょうか(適当)

スイフトRS エンジンプラグ交換 新旧比較

新しいのを横に置いてみました。

新車装着時エンジンプラグはZXU20PR11でした。

新しいプラグの締め付け、トルクレンチはもっていないので、手で絞めていっていい感じのところから1/3回転くらいです。

スイフトRS エンジンプラグ交換 作業終了

元に戻して作業終了。せっかくなので汚れを少し落としたりしていたので、作業時間は45分くらいでしょうか。アイドリングが安定するまで待っていたりしたので、そんなもんかな。

写真撮ったり汚れ落とししたりしなければ、30分かからないと思います。

スイフトRS エンジンプラグ交換 交換時走行距離

交換時の走行距離は99,564kmです。

Amazonで1本単位売り(送料無料)のところから購入しましたが、楽天市場で4本セット(送料無料ライン対象)の店舗の方が安そうでした。

ディーラーで純正プラグを買っても2,000円弱だと思います。モノタロウでも1,980円(税込)です。

交換後

交換後少し走らせて来ましたが、特に不具合があったわけじゃないのでそんな変化は感じませんでした。

アイドリングが少し安定したような”気がする”レベルの変化です。

普通に街乗りしてきただけなので、それ以上は特に。あとは燃費が変化するかどうかくらいです。

給油のたびに燃費計算はしていますが、10万kmに近くなっているからと言って燃費が悪くなっているわけでもないので、たぶん何も変わらないと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました