台所のシングルレバー混合栓をTOTO TKGG31Eに交換

シェアする

台所のシングルレバー混合栓、以前から少し水がにじみ出ることがあったり、水がポタポタと止まらない時があったりしていました。特に何もしなくて水漏れが止まったので様子見をしていたのですが、最近またひどくなってきたので、交換することにしました。

スポンサーリンク
広告(大)

交換前の混合栓

12年ほど前にリフォームしたときから付いているミズタニバルブ工業のMKZ520MMと言うシングルレバー混合栓です。
ミズタニバルブ工業 MKZ520MM

一度泡沫ソケットが壊れてパーツを買ったことがあるのですが、やたら高かったです。
泡沫ソケットセット ASSO-530ってやつで1,000円ちょっとする。

水漏れは水を出した時にレバーハンドルの下からでした。
おそらくカートリッジとパッキンの交換で水漏れは止めることが出来たと思います。
しかし、カートリッジとパッキンをセットで買うと5,000円くらいします。

今後のことを考えたら、本体を交換する方が安上がりだろうと思ったので、本体を交換することにしました。

交換品

今まで普通のシングルレバー混合栓を使ってきて困ったこともないし、つい最近クリシャワープロDXと言うシャワーにする商品を買ったばかりでもったいないので、普通のシングルレバー混合栓にすることにしました。

SANEI、LIXIL、TOTOの3社の一番シンプルなシングルレバー混合栓から選ぼうと、商品をそれぞれ見ていたのですが、作業のしやすさや見た目、値段でTOTOを選びました。

購入したのはTOTO TKGG31Eと言う商品。
TOTO TKGG31E 商品

一式揃っているので、特に追加で部品を買う必要もありません。
しかもAmazonで1万円あれば買えるっていう。素敵です。

もぐら~ずが最高に良いです。
シンクの下にもぐって作業するのは狭いので大変です。

交換作業

シンクの下の引き出しを外さないと止水栓などにアクセスできないので、まずはそこからです(笑)
引き出しにはフライパンや鍋など重いものが入っているので、全部出してから外さないといけないので、ちょっと面倒でした。

取り外すミズタニバルブのMKZ520MMですが、シンクの下からナットで止めているので潜り込んで作業をしないといけません。
ミズタニバルブ工業 MKZ520MM 座ナット
うちのシンク下はある程度スペースがあったので、ギリギリウォーターポンププライヤーでなんとか外せました。
外すだけなので、締め付け工具は買いたくなかったし、なんとか外せてよかったです。

水を止めて、給水ホースや逆止弁は外します。
ミズタニバルブ工業 MKZ520MM 逆止弁と給水ホース

あとは本体を上からしゅっと抜いたら取り外し完了。(写真撮り忘れた)

さくさく作業が進むので写真を全然撮っていなかったのが残念ですが、新しく取り付けるTOTOのTKGG31Eはシンクの下にもぐらなくても本体取付が可能で楽ちんです。

TOTO TKGG31E 本体

本体取付に必要な六角レンチも一緒にセットで付いてきます。

下側の金具はこんなのです↓ 六角レンチでネジをしめて挟み込むイメージですね。
TOTO TKGG31E 本体取付 下側

ワンタッチソケットを付けて、カチッと給水ホースを接続したら作業終了です。
TOTO TKGG31E ワンタッチソケット

あとは水を出して水圧を調整したり、各所から水が漏れていないかを何度か確認したらOK。

各種点検をした後、泡沫キャップを取り外してつい最近買ったクリシャワープロDXを付けました。
TOTO TKGG31EとクリシャワープロDX

TKGG31Eとの接続にはM24×1をW22山20に変換するアダプターを使っています。
試してないけど、説明書に付属している浄水器用アダプターでも付けれると思う。
TOTO TKGG31E 浄水器用アダプター

シングルレバー混合栓が新しくなったら、そこだけピカピカでシンクの汚れが気になる感じになってしまいました。たまに掃除しようw

TKGG31Eはエコシングル?って言う真ん中から左にハンドルをふらないとお湯が出ないようになっていて、無駄に給湯器が動くことが無いので良いなと思いました。
カチッとクリック感があるので確実にお湯にしたかどうかが分かりやすいです。

取付簡単なもぐら~ずもホント楽でよかったし、何より値段が安いのが最高です。
シングルレバー混合栓は約10年が寿命と言われているけど、この値段ならまたカートリッジが原因の水漏れだったり水の止まりが悪い時は下手にカートリッジ交換するより本体を付け替えたら良いレベルのお値段。

作業に使った工具

作業に使った工具は、モンキーレンチとウォーターポンププライヤーです。
シングルレバー混合栓 交換に必要な工具

六角レンチは商品に付属。

給水ホースを抜くときにどうしても水が出てくるので、小さいバケツも使いました。
あとは、こぼれた水を拭くタオルかキッチンペーパーくらいです。

ウォーターポンププライヤーは外すときに使っただけで、TOTOのTKGG31Eを付けるだけならモンキーレンチしか用意しなくても大丈夫だと思います。

スポンサーリンク
広告(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)