スイフトRSを洗車&コーティング(ブリスX)

ZC72S
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

もう少しすると冬。そろそろ汚れてきたし、寒くなる前にがっつり洗っておきたいなと思って洗車しました。

洗車

今日は久しぶりに時間をかけて洗車です。
洗車グッズは特に新しく購入していないので、いつもの道具です。

シャンプーとスポンジはシュアラスターの物を使っています。

シャンプーは別になんでもいいんですけど、余ってるのでシュアラスターを使っています。

スポンジもオートバックスで100円で売ってるものでも良いかなと思ってるけど、シュアラスターのスポンジが柔らかいのと持ちやすさでボロボロになっても同じものを買ってる感じです。

いつも屋根、リア、両サイド、ボンネット、フロントバンパーの順で洗っています。
サイドステップの汚れがひどい時はフロントバンパーの後に洗ったりもします。

スイフトは背が低いので脚立要らずで楽ですね。
全体的に変にくぼみもないので、とても洗いやすいです。
でも、フロントバンパー回りだけはちょっとゴツゴツしてて洗いにくいですね。

粘土

今日はコーティングをするのと、中古ですでに4万kmを超えているので粘土もしました。
屋根、リアは気になる所はなかったですが、やはりサイドは鉄粉が多かったです。

粘土をしながらボディの状態をみていると、ボンネットの飛び石がやはり目立ちます。
フロントバンパーもボンネットも飛び石で塗装が剥げている部分があるので、4万km走った車だなって感じます。

サイドスカートのピッチ・タール汚れも粘土で取れるので、綺麗になりました。

粘土、単価が高いのと1個まるまるは量が多いので、はさみで切って使っています。
今はCARALLの粘土を使っていますが、粘土が白なので汚れが取れるとわかりやすいです。

液体コンパウンド

粘土をしていたら、細かい傷が付いていることに気が付いたので液体コンパウンドで傷けし。
カバンでついた細かい傷とか出てくるのは仕方ないですね。
あとスイフトは乗り降りの時にサイドステップとドアの内側に足が当たりやすい気がします。
その辺の傷はもう仕方ないものとして考えたほうが良いのかもしれません。

液体コンパウンドじゃ消しきれなかった傷もあるんだけど、普通にコンパウンドまでして傷消ししている時間はなさそうなのでやめておきました。

コーティング

もうすぐ冬になるし、塩カルもあと1か月ほどするとまかれると思うのでコーティングもしました。
納車時に特にコーティングしなかっし。

昔からブリスを使っていて、ブリスXの残りがまだあるのでブリスXを使いました。

ブリスX
ブリス(Bliss)
¥7,344(2020/06/03 21:36時点)

最近はこの手の商品がカー用品店でも多く売られていますね。スポンジで塗り伸ばして水をかけて拭き取ればOKと言うもの。
とても簡単なのでお気に入りです。あと何回分か残ってる。

ブリスをしたら綺麗に拭き上げて完成!

暗くなってしまった

スイフトRS 洗車後

久しぶりに時間をかけて洗車をしていたら、終わったら夕方でした。たぶん3時間くらい洗ってた(笑)

ホワイトスノーパールってのもあるけど、まだ4万km走った車とは言え1年数か月の車なので洗うだけで十分綺麗だし、コーティングしたところで効果がいまいちわからないですね。

こんながっつり洗車するのは久しぶりでした。ちょっと手が疲れましたw

コメント

タイトルとURLをコピーしました