ネットワークドライブの転送速度が遅く、iTunesで音飛びする

シェアする

昨日、iTunesがフリーズしたり音飛びしたりする話を書いてたんですが、結局解決できずでした。

LANケーブルが古いし、もしかしたらと思って新しいLANケーブルに交換してみたのですが、何も変わらず。
iTunesが音飛びと言うより、ネットワークドライブとの転送速度が遅すぎです。リンク速度1Gbpsなのにデータ転送中はネットワーク使用率が0.1~0.3%程度。

少し大きいサイズのファイルをネットワークドライブ上にコピーしてみると、ずっとコピーが始まらないし始まったと思っても転送速度が13KB/秒とかちょっと意味不明な速度に。

他のPCでも同じことになるならサーバー側だろうと思って、ノートPCで試してみたら何の問題もなくデータのコピーが出来た・・・。

Twitterでわからん。ってつぶやいてたらIPアドレスでネットワークドライブ指定しても遅いの?って言われて、IPアドレス指定にしたら前の速度(ネットワーク使用率80%~90%でデータのコピーが出来る)に戻りました。

ネットで検索するとIPv6を無効化したら改善されるって言う記事はたくさん見かけるし、実際チェックを外したら改善されたんだけど、IPv6のチェックを外すって解決になってないと思うんですよね。

と言っても、結局コンピューター名でネットワークドライブを割り当てして速度を改善する方法が見つからず、ネットワークドライブ割り当てをIPアドレス指定に変えました。これで転送速度は問題ないけど、解決出来てないからモヤモヤする。

原因はセキュリティ対策ツールのチューニングみたいな奴だと思う。
レジストリとか勝手に書き換えてるはずだから、たぶんそれの何かが影響したんじゃないかなと・・・。

余計な機能は使わないに限りますね。

原因がはっきりしたら、またブログで書きたいと思う。

スポンサーリンク
広告(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)