バンパーにつけてしまった傷の修理は自分でやる

シェアする

恥ずかしい話、少し前に不注意でリアバンパーに傷をつけてしまいました。
行き止まりの道に入ってしまって、スペースがあったのでUターンしようとしてギリギリを攻めてたらガードレール(ガードポール?3本くらい棒が水平に並んでるもの)に、コツンと当ててしまった。

錆びていない奴ならそんなに傷になることもなかったんだろうけど、ポールが錆びて塗装が剥げはじめている奴だったからか、バンパーに傷が・・・。

見た感じ傷深くないし、塗装が剥げてるわけでもない傷だったので自分で治すことに。

スポンサーリンク
広告(大)

修理前の傷の状態

DSC_3009
これくらいなら大丈夫。
と言うかリアバンパーだったから大丈夫だったと言うのが正解か。
超低速で擦っただけなので、へこみは無し。擦り傷。

傷消しはコンパウンド

DSC_3013
シビックに乗っていた頃から使っているので残り僅か。友達に貸したりもしてるし。
ずいぶん前に買った奴だけど、少しの傷ならこの3点セットで十分です。

粗目から順に使って行く感じです。
チューブから出すと粗目のコンパウンドは結構ザラザラしているので、初めて使う時は少し戸惑う。
えっ塗装すぐはがれちゃうんじゃないの?って思うけど、思ってるより全然削れない。

粗目 -> 細目 -> 極細

と順番に作業して終了。(結構時間かかります)

修理後の傷の状態

DSC_3012
目立たなくなりました。ばっちり!
(バンパーの近くよーく見ると、ほんの少し傷が残ってるのがわかる程度)

あんまりやりすぎると塗装がはがれてくるので気をつけましょう。シビック時代に1回塗装剥がれて、タッチペンを使った経験あり。

ドアノブ付近に爪でついちゃった傷とかも、このセットがあれば綺麗になります。
まぁGT88とか昔から売ってる製品でも良さそうですけどね。

使ったことがないので、すごく気になってる製品。昔から売ってて無くならないってことは、それなりに使える商品なんでしょうね。

スポンサーリンク
広告(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)