Android StudioでAPKファイルを作成

シェアする

Android Studioをインストールしてから一度もAPKを作ったことが無かったので、APKを作成してみました。
eclipseと結構違うかな?と思ったけど、そんなに変わらないですね。

せっかくなので、Android Studioに移行中の人の参考になればと思って、記事の後半にはeclipseの作成手順も書きました。

※この記事でのAndroid Studioのバージョンは1.0.1です。

スポンサーリンク
広告(大)

Android Studioでの作成手順

ウィザードを開く

Build -> Generate Signed APK…
からAPK作成のウィザードを開きます。
AndroidStudio_APK_1

新しいキーストアを作る

新しく作るので、Create new…ボタンを押して新たにkey storeを作ります。
AndroidStudio_APK_2

Create new…を押すとNew Key Storeと言う画面になるので、各種情報を入力。
AndroidStudio_APK_3

上から順に、

Key store path key storeの保存先
Password key sotreのパスワード
Confirm key sotreのパスワードの再確認
Alias キー名称。プロジェクト名で良いんじゃないかな。
Password キーのパスワード。key sotreのパスワードとは別にする。
Confirm キーのパスワードの再確認。
Validity(years) キーの使用期限。25年以上を指定
First and Last Name 作者名
Organizational Unit 組織単位名。個人は未入力でOK。
Organization 組織名。個人は未入力でOK。
City or Locality 市区町村などを入力
State or Province 都道府県を入力
Country Code JP

key storeのファイルは今後APKを作る時にずっと必要になるので、うっかり削除してしまわない場所に保管するのをオススメします。

APKファイルを作成

New Key Storeの画面でOKを押すと、ウィザードの画面が入力済み状態になります。
AndroidStudio_APK_4

次回からはChoose existing…からさっき作ったkey storeファイルを指定します。
Android Studioはkey storeの拡張子はjksみたいですね。
(eclipseで作ってた時keystoreにするみたいな記事見てずっとkeystoreにしてた。)

NextでAPKファイルの作成画面に移ります。
APKの保存先とビルドタイプを指定します。
AndroidStudio_APK_5

Build Typeはreleaseかdebug。
Flavorsはbuild.gradeleで設定した項目が表示されたりするらしいですが、その辺はまだ全然分からない。
有料版、無料版とか1つのプロジェクトから複数アプリを作る時などにproductFlavorsの設定をしたりするのに使うらしい。

Finishを押すと、少し待たされますがAPKファイルが出来上がります。
AndroidStudio_APK_6

app-release.apkというAPKが出来ました。
(この名前を変える場合もbuild.gradleを設定するらしい)
AndroidStudio_APK_7

eclipseでの作成手順

ウィザードを開く

ファイル -> エクスポート -> Export Android Application

プロジェクトを右クリック -> Androidツール -> 著名アプリケーション・パッケージのエクスポート
からウィザードを開く。

プロジェクト選択

APKを作成するプロジェクトを選択します。
eclipse_apk_1

新しいキーストアを作る

新しく作成するので、Create new keystoreにチェックを入れて、key sotreの保存場所とパスワードを入力します。
eclipse_apk_2

次の画面でキー情報を入力します。内容はAndroid Studioと同じなので省略
eclipse_apk_3

APKファイルを作成

APKの保存先を指定して完了。
eclipse_apk_4

指定した場所にAPKが作成されます。
eclipse_apk_5

スポンサーリンク
広告(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)