iTunesがフリーズしたり音飛びしたりする原因はウイルス対策ソフト

シェアする

昨日書いたけど、自宅のサーバーの調子が悪いです。

iTunesを起動するとネットワークドライブが切断されたり、iTunesが固まったり、音飛びしたりするのもサーバーの不調が原因だと思ってたんですが、どうやら違ったっぽい。

先週、フレッツ光についてくるセキュリティ対策ソフトにはライセンスが1個ついてるのを忘れてたから入れた。って話を書いたんですが、そのセキュリティ対策ソフトが原因だった模様。

そう言えば、avastとかでも除外してたなぁと思い出した。
と言うか、正確にはフォルダを指定してあったけど効果無かった?みたい。

キャプチャ

よくわからんけど、かたっぱしから例外設定しました。
データはほとんどサーバーに入れているので、ネットワークドライブ割り当てで、IドライブをiTunes用にしています。

ごちゃごちゃ指定してあるけど、必要だったのは

I:\iTunes\iTunes Library Extras.itdb
I:\iTunes\iTunes Library Genius.itdb
I:\iTunes\iiTunes Library.itl
I:\iTunes\iTunes Library.xml
I:\iTunes\sentinel

なのかな。NTT西日本のセキュリティ対策ソフトはウイルスバスターとほぼ同じだから、ネットで検索して出てくるのもこれらじゃないかなと思う。

けどiTunes再生は問題なくなったけど、再生中にデータコピーとかしてると飛ぶ。
前はそんな事なかったんだけど。もう少し原因を探してみる必要はありそう。とりあえずLANケーブルから疑ってみようかな。

スポンサーリンク
広告(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)