安物デジタルアンプLepy LP-2024A+を購入

シェアする

家の押入れにずっと昔からYAMAHAのNS-451が眠いっていて、少し前に掃除したついでに出してきたので、それ用にデジタルアンプを買ってみました。

スポンサーリンク
広告(大)

Lepy LP-2024A+

まずスピーカーですが、普段使っているプリメインアンプ(ONKYO A-1VL)を繋いで鳴らしてみたところ、片方がツイーターが断線とアッテネーターが故障していたので、ツイーターの断線は修理して、アッテネーターは使わないでツイーター直結に変えています。

購入したデジタルアンプは、ネットで安物デジタルアンプとして有名(?)な中華デジタルアンプのLepy LP-2024A+です。
AmazonでACアダプターなどがセットになっているものを購入しました。サンパシフィック 神戸が販売、Amazonが発送のもの。

Lepy LP-2024A+ パッケージ

中身

Lepy LP-2024A+ 中身

本体、ACアダプターの他、バナナプラグ、RCAケーブル、説明書が付いています。
バナナプラグと書いてあるけど、スピーカーターミナル用プラグです。

接続してみるとこんな感じ

Lepy LP-2024A+ 本体 接続済

いかにもって感じの安っぽさです。
青色LEDをボリュームの所で光らせてるからすごく安っぽいしダサいです。

スピーカーも繋いでみてこんな感じ。
NS-451は大きくて、置く場所が無かったので適当に設置しました。もっと間隔を広げて置きたい所ですが、台が無いのでこれで我慢です。

Lepy LP-2024A+ と YAMAHA NS-451

CDプレイヤー等に余りが無いので、現状はもう使っていなかったタブレットを出してきてAmazon Music(プライム会員)を使っています。
スピーカーケーブルにはLANケーブルを使っています。(適当すぎ?)

レビュー

さて、少し使ってみた感想です。

電源ON/OFF時に少しポップノイズが乗ることがあります。
ボリュームをあげるとさすがにサーって言うノイズは出ますが、ブーンと言うようなノイズは出ませんでした。

付属のACアダプターのコンセント側の線が短いので、長めのメガネプラグの線が余っていれば交換したいかもと思いました。

あとステレオミニプラグ – RCAのケーブル、ゴミなので捨てていいと思います。
左右逆だし、RCA端子にしっかり挿し込めません。しかも少し触るとノイズが乗ります。

肝心の音ですが、DIRECTだと高音チャカチャカ気味で低音が薄いような感じでした。
高音についてはONKYOのA-1VLに繋いだ時も似たような傾向だったのでスピーカーの問題だと思います。(アッテネーターが使えないので)

いろいろ曲を鳴らしながらトーンコントロールのTREBLEとBASSを調整しました。
この辺は使うスピーカー次第かな?と思いますが、TREBLEは12時よりやや左、BASSはやや右にしています。

約3,500円くらいのアンプなので、全然期待しないでいたのですが、これが結構良い音を出すので驚きでした。
トーンコントロールを使うと少し音が濁る感じはしましたけど、許容範囲というかそこまでひどくないです。
低音もしっかり出せているし、この値段でこの音が鳴らせるなら満足です。

NS-451自体があまりJ-POPやアニソン向きではないので、夜のBGM用に使う感じで行きたいと思います。
というか普段ネットしたりしている部屋にはすでにオーディオ機器は一式揃っているので、今回のセットは寝室用になりました。

鳴らすのはJAZZやピアノの曲がメインになると思います。

一応6ヶ月の保証が付いてきたのですが、あとは耐久性がどのくらいあるかって所かなと思います。
4Ω ~ 8Ωと書いてあるので、一般的なスピーカーなら大体使えるはずです。
約3,500円でこの音質ならオススメできるアンプだと思いました。

スポンサーリンク
広告(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)