ルーズリーフ

シェアする

ルーズリーフと言うのが正しいのかはわかりませんが、リヒトラブのSLIDE RINGを売ってるのを見かけて買ってきました。
あまり普通の文具屋には売れないのか置いてないんですよね。前に見かけた時に買わなくて、探していました。

DSC_2248

表紙は別売りで1枚64円(税込)でした。スライドリング本体は1個226円(税込)

今はキャンパスのスマートリングを使ってるんですが、真ん中を開いて出し入れするタイプ。
とてもスリムだしカバンに入れたりするには邪魔にならなくて凄く良いんですが、ページをめくる時に引っかかりやすいのと、開け閉めが出来るぶん耐久性が心配。
あと細いので20枚くらいしか閉じれません。間に仕切りを入れて複数のことを綴じて置くと言うのには向いてない。

DSC_2249

スライドリングは背中になる部分を引き抜いて紙を出し入れします。
頻繁に出し入れする時はちょっと面倒ですが、ページめくりでひっかかりが無いのでイラッとしません。
ページの差し替えの時に一旦差し替えページまで全部取り出す必要はりますが、耐久性とページめくりのストレスを考えたら断然こっちです。

DSC_2250

開いている部分にレールを挿し込んでロックします。カバンに入れてもキャンパスみたいに勝手に開いたりすることはありません。
レールが多少スライドしてしまっても、紙がばらけるようなことはないので持ち運びの時も安心です。(そんな機会あんまりないですけど)

表紙は前はいろいろ色があったみたいですが、透明と青?しか今は無いみたい。
一般的な26穴タイプ(B5)なので、使う用紙も普通のルーズリーフの用紙がそのまま使えるので楽。
今、四角い29穴の用紙を使うツイストリングって言う製品もあるんですが、ルーズリーフ用紙とは互換性がないし微妙。

キャンパスのスマートリングの値段よりは少し安いです。
キャンパスは普通の横罫線タイプの用紙も付属してくるんだけど、自分は無地か方眼の用紙しか使わない。
確かA4とB5で太さが2種類ずつあるはずなので、好みで。
今回買ったのはB5の外径18mmのだった。F-3191。F-3190が13mmで少し細いみたい。

F-3190
http://www.lihit-lab.com/products/catalog/F-3190.html

F-3191
http://www.lihit-lab.com/products/catalog/F-3191.html

スポンサーリンク
広告(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)