明郵便局の風景印に描かれている磨崖仏(阿弥陀如来立像)を見てきた

シェアする

三重県津市にある明郵便局の風景印に描かれている摩崖仏(阿弥陀如来立像)を見に行ってきました。

スポンサーリンク
広告(大)

石山観音公園

摩崖仏があるのは石山観音公園と言う場所で、名阪関ドライブインから車で5分くらいの所にありました。

石山観音公園

特に下調べもせずに行ったのですが、駐車場もちゃんとあるしトイレもありました。
公園というよりは軽い山登りな感じでしたので、サンダルはやめといた方が良いと思います。

公園の入り口にパンフレットが置いてあります。
順路の看板がたまに立ってるのですが、公園内の三十三か所観音の摩崖仏を見て回るなら地図の付いたパンフレットを貰っておいた方が良いと思います。

入ってすぐにあるのは三十三観音の石仏、第一番の如意輪観音
石山観音公園 第一番 如意輪観音

次に見えてくるのが地蔵菩薩立像。
石山観音公園 地蔵菩薩立像

風景印に描かれている阿弥陀如来立像はというと、入って右に進んでいった場所にあるようです。

赤く囲った部分が阿弥陀如来立像の位置。(パンフレットより)
石山観音公園 パンフレット 地図

しかしせっかくなので、三十三観音の石仏全てをまわっておきたいので順路通りに左ルートで。
さすがに三十三観音の石仏全ての写真をアップするのはきついので、省略します。

聖観音菩薩立像は顔が風化で無くなってしまっていました。
石山観音公園 聖観音菩薩立像

歩きやすい道になっている部分が大半ですが、石仏をちゃんと見て回る場合は少し急な坂を上ったり、岩の上を歩いたりする部分もありました。必ず靴で行くべきです。あと雨上がりはやめた方が良いと思う。

半分くらい進んだ所の馬の背と言う場所、天気が良ければ景色が良さそうでした。
石山観音公園 馬の背

さて、風景印に描かれている阿弥陀如来立像です。
石山観音公園 摩崖仏 阿弥陀如来立像

ちなみに風景印はこちら
300122288000_明_安濃ダム

この阿弥陀如来立像は3.52mで台座を含めると5mほどあるそうです。

駐車場から歩いて少し降りた所にも梵字種宇三体と地蔵菩薩が2体あるので、せっかくなので見ておきました。
地蔵がどこにあるのかわからなかったけど、梵字種宇三体の向かい側にありました。川に降りないと見れません。

全部見て回るにはかなり時間がかかるので、時間に余裕をもって見に行くのがオススメです。
阿弥陀如来立像だけならそんなに時間かからないと思います。

風景印には楊枝湖(安濃ダムのダム湖)も描かれているのですが、ダムには行ったのにダム湖の写真を撮り忘れました。

おまけ

石山観音公園もですが、実は純金大観音も見たくて三重に行きました。
純金大観音

33mだそうです。天気も良くとても輝いていました。
観音様以外にも見どころがたくさんで、1時間~2時間くらいいました。

純金大観音の回りには百八躰の観音様が(1.5mだそう)。
大観音寺 百八躰の観音様

ダムの描かれている風景印を集めているのがきっかけで知った石山観音公園ですけど、ダムだけじゃなくて一緒に描かれている場所を訪れるのも面白いですね。
ダム近くの観光地を一緒に知れるアイテムにもなるのかな?なんて思いました。

スポンサーリンク
広告(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)