パソコン工房の福袋でZenfone 2 laserを購入

シェアする

年末に長いこと使っていたスマホがタッチ切れを起こしてフリックが一部できなくなりました。
ガラケの入力の仕方なら問題なく文字は打てるので我慢してたのですが、福袋で安いと言うことでZenfone 2 laserを買ってきました。

スポンサーリンク
広告(大)

パソコン工房 格安スマホ福袋

2017年の福袋はASUS Zenfone 2 laserの福袋とFreetelのSAMURAI 麗の福袋が2つありました。

今まで使っていたのがXperia A(SO-04E)で、Android4.2.2。
Ingressは一時期結構やってたけど、最近はほとんどやってないので端末のスペックはあまり必要性を感じない。

一応Android6.0.1にアップデートできるみたいだったし、各種SNSができればほぼ問題ないので値段の安いZenfone 2 laserの方を選びました。

ASUS Zenfone 2 laserの福袋は16,980円(税抜)
Freetel SAMURAI 麗の福袋は19,980円(税抜)

面倒なのでネットでと思ったら在庫切れだったので、1月4日に店頭で購入しました。
ネットは売り切れだけど店頭にはまだ2個福袋が置いてありました。(裏に在庫があるかは聞いてないので不明)

中身

パソコン工房 ASUS Zenfon 2 laser 福袋

セット内容
ASUS ZenFone 2 Laser(ZE500KL-RD16)
ASUS ZenFone 2 Laser用 90XB00KA-BSC0B0
ASUS Zenpower 90AC001U-BBT013
カナル型高音質デュアルドライバーイヤホン IE-001/BK
タッチパネル用香りつきクリーナー WC-FC80-1

購入時点でZenfone 2 laserはAmazonで17,180円(税込)。
保護フィルムは700円程、ZEN POWERは3000円程度、謎のイヤホンも1900円くらい、クリーナーも400円台なので、まぁお得と言えばお得かなと言う印象。

ただ保護フィルムとクリーナーは使うとしても、モバイルバッテリーはすでに保有しているので使う予定がない、イヤホンもゼンハイザーの物を保有しているので使うことがない。
超おまけで付いてきたソースネクストのメモ帳についてはゴミ。

でもまぁ、少し悩んでいたIIJの限定色(パープル)が17,800円(税抜)なので、値段的にはまぁそんなもんだと思います。

ASUS Zenfone 2 laser(ZE500KL)

箱の中身はこんな感じ
ASUS Zenfone 2 laser 中身

Zenfone 2 laser 本体
ACアダプタ
microUSBケーブル
イヤホンとイヤーパッド
説明書ほか

説明書付いてるけど見ることなさげ。字小さすぎだし、特に読む内容が無かった。

開封して、やっぱでかいなと言う印象。

Xperia Aとの比較

Xperia Aは4.6インチ、Zenfone 2 laserは5インチ。

サイズ(どちらも公式サイトスペック)も
Xperia Aは約131mm × 約67mm × 約10.5mm
Zenfone 2 laserは143.7 × 71.5 × 3.5 mm ~ 10.5 mm
とXperia Aの方がコンパクトです。
Zenfone 2 laserとXperia A

レビュー

Xperia Aは2013年6月に購入、2年縛りを終えIIJmioに切り替えて使っていました。
正直なところ各種SNSを見る、書き込む程度ならまったく問題なく使えていたので、タッチ切れを起こさなかったらまだ使うつもりでいました。

Zenfone 2 laserに替えてみて思うことは、Xperiaのボタン配置が良いと言うことです。
本体の右横についた電源ボタン、音量ボタン、カメラ用のボタンはとても使いやすいです。

Zenfone 2 laserの音量のボタンや電源ボタンはスマホサイズから考えると少し押し辛い上部にあります。
カメラもXperiaはボタンがあるおかげで半押し、撮影ができて普通のカメラのように使えるので楽です。
画面タッチで撮影と言うのは横方向撮影の時はイマイチだと思います。

ただ、Zenfone 2 laserは画面オフの状態でも、Cとタッチで描けばカメラが起動するのが良いなと思いました。

画質については、個人的なことを言えばオート撮影ならXperia Aの方が良いんじゃないかな?と思います。
購入してから日が経ってないので慣れていないだけなのと、撮影枚数の違いもあるので微妙ですが。

Zenfone 2 laserのカメラ、マニュアルモードにすると水平器が出るのですが、あれはオートでも出たら良かったのに。
とりあえずグリッド線は出したけど。

それとやはり画面サイズが大きくなったせいか、片手で操作するにはギリギリです。
Google系のアプリのアカウント切替が片手で行うには厳しくなりました。

やはりスマホのサイズはXperia AやXperia Z3 Compactくらいがちょうどいい。

ストラップの穴がないのも地味にきつい。落としそう。
メモリもゲームしなくても少し足りない感じがする。(使ってるアプリが悪いのかもしれないけど、OutOfMemoryの例外が発生する)

それでもまぁ、値段が2万円を切っていることを考えれば、十分使えるスマホだと思います。
Android6.0.1なので、OS的に言えばまだ1世代は大丈夫だし、1年以上は使えそうです。
その前にスペックに不満が出て買い替えるかもしれませんけどね^^;

スポンサーリンク
広告(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)