キングジムのノートカバー マグネットタイプ A6Sが使いやすい

シェアする

手帳は無印良品の日曜始まりマンスリーノートのA6を使っています。
マンスリーだけなので薄くて軽くて便利なのですが、無印の普通のノートみたいな見た目なのでノートカバーを探していました。
いろいろ文房具屋さんとか見てまわって、良さそうだったキングジムのノートカバーを購入しました。

スポンサーリンク
広告(大)

商品

キングジム ノートカバー マグネットタイプ A6S  1871
黒にするか迷いましたが、値段が少し安かったし落ち着いた色だったのでネイビーにしました。

中身はこんな感じ。
キングジム ノートカバー マグネットタイプ A6S 中身

ノートカバー本体の他に、ノート(7㎜罫線)、センターポケット、ToDoリストボードがついています。
ノートを挿しこむ部分には、横向きの切れ目があるのでノートだけじゃなくてレポートパッドも付けれるようになっています。
右側には名刺を挿しこんでおけるスリットも入っています。

ゴム紐タイプだと伸びてしまったり切れてしまったりするけど、マグネットなのでその心配がありません。
勝手に開いたりしないか心配でしたが、今の所は問題なさそうです。

ペンホルダーがとにかく便利

このノートカバーで一番良いなと思ったのがペンホルダーです。
普通の手帳だと細いペンしかダメだったり別にペンケースを持ち歩いたりしないといけないのですが、このノートカバーなら自分の好きなペンを差し込んでおけるのですごく良いです。

キングジム ノートカバー マグネットタイプ A6S ペンホルダー
キングジム ノートカバー マグネットタイプ A6S ペンホルダー 開いた状態

太くても大丈夫なのがわかるかなと思って、LAMY Safari 万年筆を入れてみました。
普段は同じような太さのドクターグリップ4+1を使っていますが、これも問題なく使えます。
手帳用シャーボなんかを使ってた事もあるのですが、どうもあの細さでは字が書きにくいので普通のペンを入れておけるのはとても助かります。

センターポケットとToDoリスト

付属しているセンターポケットとToDoリスト。
A6なのであまり入れるものが無いですが、小さな紙に書いたメモやレシート、通常の郵便はがきをセンターポケットに入れて無くさないようにできるので便利かな。
ToDoリストは今の所使い道が無いけど、付箋を張っておくのに使えそうです。

ちょっと残念

表紙が薄いノートとかだと、使ってる時に少し動くので徐々にノートの上の方がボロくなりそうです。
付属のノートは横罫なので方眼タイプに慣れている人には不要かなと思います。
紙質は無印のマンスリーノートと似たような感じだったので、万年筆のインクによっては滲んでしまうかもしれません。(iroshizukuの深海は少し滲みます)

あと、しおりが使いにくいです。
マグネットマーカーを使っているので良いですが、しおりがカバーのど真ん中から出ているせいか凄く使いにくいです。

付属のノートを取り換えたい

付属のノートは使わないので、方眼メモに取り換えようと思っています。
書いてちぎったらセンターポケットに入れておけばバラバラにはならないし。
ノートに書き残す習慣はあまりないので、必要なときに書いて、必要じゃなくなったら捨てる。
無印のマンスリーノートの後ろ半分も横罫のノートなので、書き残す必要があればそっちに書いたりすれば良いかな。

スポンサーリンク
広告(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)