ドコモ光が発表されたけど、本当に安いの?料金シミュレーションしてみました

シェアする

やっとドコモ光の料金が公式で発表されました。
(「ドコモ光」および「ドコモ光パック」を提供開始)

サービス開始は3月予定。
申込みは来月中旬からはじまるみたいだし、自分の場合は安くなるのかどうかdocomoの料金シミュレーションを使って考えてみました。
※2015/01/30時点の情報を元にしています。

スポンサーリンク
広告(大)

現在の契約状況

現在の契約と料金は以下の通り。
消費税やユニバーサルサービス料、月々サポートと端末分割払の料金などは比較の邪魔になるので、省きます。

スマホ(NTT docomo)
タイプXiにねん 743
Xiパケ・ホーダイ ライト 4,700
SPモード 300
合計 5,743

光回線(NTT西日本)
フレッツ光ネクスト ファミリータイプ 隼 5,400
光もっともっと割(3年目) -1,290
合計 4,110

ISP(OCN)
光withフレッツ基本料 1,200
2年割 -100
合計 1,100

ひかり電話も契約中です。(今回の計算からは省きました)
ひかり電話に関しての情報が全然出てこないので、ひかり電話については注意が必要だと思います。

現在の契約状況だと合計10,953円かかっていることになります。(+消費税やユニバーサルサービス料、ひかり電話など)

ドコモ光にすると

ドコモの公式サイトに料金シミュレーションがあるので、そちらを利用しました。

条件:スマートフォン 1台、タブレット 0台、25歳以下 0台、iPhone 0台、データ量 2GB利用年数 15年以上ドコモ光を申込むお住まいの形態 戸建、新規契約 0台

結果
ドコモ光

ドコモ光
カケホーダイプラン(スマホ/タブ) 2,700
SPモード 300
データSパック 2,900
ドコモ光 5,200
光セット割 -500
合計 10,600

注意しないといけないのは、料金シミュレーションではドコモ光タイプAで計算されていることです。
家はOCNなので、OCNで継続したいしとなるとドコモ光タイプBになるので+200円(5,400円)かかります。
もしタイプBにも使っているプロバイダが無い、使いたいプロバイダが無い場合はドコモ光単独タイプで-200円(5,000円) + 別途プロバイダ料金になる。

さらに罠だなーと思ったのが、

パケットパック契約なし、光データSパックご契約時のご利用料金は「ドコモ光期間限定割引」適用時の料金です。(割引(-500円/月)は、お申込みから最大12か月間適用されます。割引期間終了後は通常料金でのご利用となります。)

引用:NTT docomo 「カケホーダイ&パケあえる」・「ドコモ光」かんたんシミュレーション ひとりでご利用の場合

光データSパックだと12ヵ月間しか値引きがないので、1年後には+500円。

最初の12ヵ月
10,600 + 200(ドコモ光タイプAとBの差額) = 10,800円
12ヵ月後以降
10,600 + 200 + 500(光セット割適用なし) = 11,300円

現在の契約状況では合計10,953円だったので、ドコモ光だと153円安い。ただし最初の12ヵ月だけって感じしょうか。

光もっともっと割は4年目から100円ずつ値段が下がっていくプランなので、今は3年目で4110円ですが、4010円、3910円、3810円、3710円と1年ずつ料金が下がっていって、最終的に3610円まで下がります。
(※更新の時以外は高額の解約金がかかる)

そう考えると、ドコモ光に行くより今の契約のまま行く方が安い。

まとめ

家族がスマホを利用していない、スマホを利用していてもパケット通信が少ない場合は、新料金プランのカケホーダイ&パケあえるがそもそも高いので、ドコモ光の光セット割が適用された所で安くならないように思える。

特に1人で1台や2台の場合、夫婦で2台と言う場合、ドコモ光にしても高い可能性がある。
現在の契約状況を把握しておかないと、1年目は安いけど2年目以降は前のまま契約していた方が安かったのでは?ってなるかもしれない。

ドコモ光の申込み予約は2月半ばからなので、1月の料金明細や契約情報で一度計算してみることをオススメします。

参考:ドコモ光って?(NTT docomo)

安かったらドコモ光にしようかなとも思っていましたが、自分のケースだとメリットが無さそうなのでドコモ光にはしないことにしたいと思います。もっと安く勝負できなかったのかな?

スポンサーリンク
広告(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)